一戸建ての買取のメリットとデメリットを解説致します
※うえくぼ不動産事務所は、和歌山駅より徒歩9分の楠右衛門小路(北ノ新地交差点より南へ約100m)で不動産の売却・購入の仲介を専門としている事務所です。 得意エリアは和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市です。 様々な取引実績とノウハウをもった地域密着型の営業スタイルです。 不動産のことなら、まずはお気軽にご相談から。
うえくぼ不動産事務所
お気軽にご相談下さい

売却する方法としては、不動産会社と契約して個人の買主を探してもらう、仲介が一般的です。しかし、売却方法は仲介だけではなく、買取という選択肢もあります。

買取と仲介にはさまざまな違いがあり、買取ならではのメリットやデメリットもあります。仲介で売却する場合との違いを細部まで知り、買取と仲介のどちらが自分に合っているかを考えてみましょう。

 

【目次】

 

① 一戸建てを買取してもらうメリット

 

② 一戸建てを買取してもらうデメリット

 

③ まとめ

 

 

家

 

① 一戸建てを買取してもらうメリット

 

買取で一戸建てを手放すことには、下記のようなメリットがあります。

 

・仲介より早く一戸建てを手放せる

を手放すことを近所に知られない

仲介手数料を支払う必要がない

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

〈「仲介より早く一戸建てを手放せる」について〉

売却スピードが素早いことは、買取の大きなメリットになります。仲介と買取で比較すると、買取のほうが売却スピードは圧倒的に速いです。仲介での売却は、平均的に1ヶ月から数年程度の時間がかかります。

買取の場合は業者を選定し、査定結果に合意して契約するとすぐに引き渡しとなるため、1ヶ月以内での売却がほぼ可能です。場合によっては数日や1週間程度で手放すこともでき、素早く一戸建てを処分したい人にとっては、買取は魅力的な売却方法といえます。

 

〈「を手放すことを近所に知られない」について〉

売却の際に広告を出さず、不動産会社との内々の交渉によって売却が決定する点も買取の特徴です。不動産広告を出さずに売ることができるため、を手放すことを近所に知られずに済むことも、買取ならではのメリットです。

離婚や借金などが原因で売却するなら、を手放す理由を知られたくないこともあります。近所の人に詮索をされずにを売りたいなら、買取による売却がよい方法となるでしょう。

 

〈「仲介手数料を支払う必要がない」について〉

不動産会社による買取だと、仲介手数料を支払う必要がなく、売却にかかる費用を節約できることもメリットです。仲介の場合は不動産会社と媒介契約を結び、買主との売買契約が成立すると成功報酬として仲介手数料を支払います。仲介手数料は法律で上限が決められており、売却価格によって金額は変動します。

 

 

売買価格報酬額の上限

200万円以下の部分取引額の5%+消費税

200万円超400万円以下の部分取引額の4%+消費税

400万円超の部分取引額の3%+消費税

また、400万円を超える取引の場合は、次の式で一括計算が可能です。

売却価格×3%+60,000円+消費税

 

 

仮に売却価格が1,000万円とする場合は、仲介手数料の上限は39万6,000円です。仲介手数料の下限については不動産会社が自由に設定できます。しかし、仲介手数料は不動産会社にとっての重要な利益であるため、基本的には上限いっぱいまで請求されることが多いです。

売却価格次第では、仲介手数料だけで100万円を超えることもあります。

 

 

 

 

 

② 一戸建てを買取してもらうデメリット

 

さまざまなメリットがある買取ですが、当然デメリットもありますので下記のデメリットについてみていきましょう。

 

・買取価格は仲介での売却より圧倒的に安い

・新しいの所有者を選べない

・自身が望む価格での買取はほぼ無理

によっては買取さえしてもらえない

 

 

〈「買取価格は仲介での売却より圧倒的に安い」ついて〉

買取が選択されない理由はこれに尽きると言っても過言ではありません。仲介での売却と比べると、買取価格は仲介で売るよりも圧倒的に安くなります。これは不動産会社がを買い取った後、リフォームやリノベーションをして利益を上乗せし、再販するためです。

上乗せされる利益分や補修にかかる費用を差し引いて買取価格が決まるため、ほぼ仲介より安値での取引になります。物件によってどれくらいの価格になるかは異なりますが、平均的には仲介による売却相場の50%~90%程度での取引になることが多いです。

 

〈「新しいの所有者を選べない」について〉

買取で売却すると、次にを購入する所有者を自身で選ぶことはできません。買い取られたは不動産会社によって再販され、別の人の手に渡ります。ご近所付き合いが多かったが誰の手に渡るかわからないことで不安を覚えることもあり、所有者を選べない点はデメリットです。

万が一トラブルの多い人にが渡ってしまうと、近所の人に迷惑をかけてしまう可能性もあります。売却した後のことは売主が関知することではありませんが、次の所有者を気にする人にとっては、買取はデメリットになりやすいです。

 

〈「自身が望む価格での買取はほぼ無理」について〉

仲介と違って、買取は自身が望む価格での売却は無理です。仲介の場合は売り出し価格を自分で設定し、買主との交渉次第で希望する価格で売却できる可能性があります。

しかし、買取の場合は不動産会社の査定によって買取価格が決まり、基本的には金額は変動しません。不動産会社はそのを買取らなければならない理由がありませんので、金額をつり上げることはほぼ無理で、査定額がそのまま買取価格になります。

不動産会社の査定によって金額が違いますが、希望価格を大きく下回った金額でしか売れないことが殆どです。

 

〈「によっては買取さえしてもらえない」について〉

仲介で売れないでも買取をしてもらえることはありますが、すべてのが買い取り対象となるわけではありません。需要のないや修復が困難なほどに老朽や劣化しているは、買取を断られることもあります。

仲介では売却しづらいでも買取なら対応してもらえる可能性があることはメリットですが、すべての場合で売却可能ではないことは覚えておく必要があります。

 

 

 

 

③まとめ

 

一戸建てを売却する選択肢は買取と仲介があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。そのため、一概にどちらのほうがよいというわけではありません。

 

〈買取が向いている人〉

不動産会社による買取が向いているのは、売却価格はいくらでもよく、素早く売却したい人や、誰にも知られずにを売りたい人です。買取では早いと1週間程度で売却ができるため、売却期間に余裕がない人に適しています。

 

 

〈仲介が向いている人〉

仲介での売却が向いているのは、少しでも高く一戸建てを売りたい人や、売却期間に余裕がある人です。仲介で売る場合は、自由に売り出し価格を設定でき、買主との交渉によって希望価格での売却ができることもあります。

また、じっくり交渉する余裕があるなら、希望価格で売りやすくなり、売却を急いでいない人におすすめです。売却にあたってスピードではなく、売却価格の高さを求める人は仲介での売却を選ぶとよいでしょう。この場合、仲介手数料が気になるところですが、売却価格の差は仲介手数料を補って余りあるものがあるでしょう。

 

一戸建ての状態や希望する売却の条件によって、どちらが適しているかは異なります。

自分はどちらに該当するか参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

当事務所代表の上久保敦司です。

地域を絞った当事務所だから出来るサービスをモットーに、これからお会いさせて頂くお客様全ての方々の幸せと充実のために力の限りを尽くして取り組んでいきたいと思います。
殆どの方は不動産売買を一生であまり経験しないので色々な不安や悩みがあると思います。
どんな些細なことでも結構ですのでぜひ一度当事務所に相談してみてください。
ご連絡心よりお待ちしております

写真
Access

メインとなる拠点を和歌山市に構えており地域に根差した細やかな対応を行っています

概要

商号 うえくぼ不動産事務所
和歌山県知事免許(1)第3947号
住所 和歌山県和歌山市楠右衛門小路11 谷口ビル2階
電話番号 073-499-5836
営業時間 8:30~18:30
最寄り JR和歌山駅より徒歩約9分

アクセス

拠点を構えている和歌山市エリアの不動産情報に精通しており、物件を売却したい方に有益な情報をご案内できるのが強みです。ご要望にマッチしたベストなご提案を行い、満足度の高いお取引を実現いたします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事