不動産売却時に必要な残置物(動産物)の処理はどうする?
※うえくぼ不動産事務所は、和歌山駅より徒歩9分の楠右衛門小路(北ノ新地交差点より南へ約100m)で不動産の売却・購入の仲介を専門としている事務所です。 得意エリアは和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市です。 様々な取引実績とノウハウをもった地域密着型の営業スタイルです。 不動産のことなら、まずはお気軽にご相談から。
うえくぼ不動産事務所
お気軽にお問い合わせ下さい

残置物(動産物)処理は誰がするのか?

売却した不動産を引き渡すときに、建物内、建物外の敷地内にある残置物を
1)売主側で処分するのか
2)買主側で処分するのか(そのまま置いていく)
売買契約時に決めておく必要があります。

 

残置物とは
残置物(ざんちぶつ)とは、不動産に住んでいた人が建物や敷地内に置いていく私物のことをいいます。
たとえば、引っ越し先に持ってかないタンス、食器、冷蔵庫、テレビなどの電化製品、庭にある自転車、ハシゴなど、とにかく動かすことのできる物。

 

専門用語で動産(どうさん)ともいいます。残置物を売主側で処分するのか、
残していって買う側が処分するのかは契約条件次第ですが、
買う側の立場からすると残置物は売主側で処分していってほしい方が多いと思います。
買う側が不動産業者であれば、それほど気にしないかもしれませんが
個人の方であれば、前の所有者のモノがあると嫌がる方も少なくありません。

 

【目次】 

 

①  残置物を処分するには費用がかかる

②  残置物の処分費の目安

③ 残置物の処理の手順

 

 

??

 

① 残置物を処分するには費用がかかる

残置物の処分には2つの方法があります。

 

1)自分で処理する

自身で処分すれば費用はかかりません。
ただし、多大な時間と労力がかかりますので量が多いと大変です。

また、けが等のリスクもあり危険でもあります。

 

2)業者に依頼する

残置物の処分を専門業者に依頼することも可能です。
費用はかかりますが、手間がなく楽ちんです。
不動産取引の現場では、こちらのほうが多いです。

 

 

 

 

② 残置物の処分費の目安

 

残置物の処分費用の目安は、業者によって異なります。
一般的な4人族ので、ある程度片づけをした後の状態でしたら20万円前後でしょう。
※当事務所の主観による

 

 

基本的には残置物の量を見積もって金額が決まります。

ちなみにテレビに出てくるようなゴミ屋敷などの場合は
100万円を超えるのではないでしょうか。

 

 

 

③ 残置物の処理の手順

 

1)不動産業者に依頼する

不動産業者はお抱えの残置物の処理業者がいることが一般的です。
地元で仕事をしているので、問題のある業者とは付き合いません。
面倒であれば、不動産業者に知り合いの業者を紹介してもらうのがよいでしょう。
ただし、基本的にはその業者の見積額で頼むことが前提となりますので
価格交渉をしにくいというデメリットはあります。

 

 

2)自分で残置物の処理業者に依頼する

ネットで業者を選定して頼む方法もあります。
2~3社に見積もりを頼んでもっとも安いところに依頼できます。
自分で対応するのがかなり面倒ではありますが、比較検討できるので価格を抑える
ことも可能かもしれません。

 

※うえくぼ不動産事務所ではお客様から残置物処理のご依頼があった場合、最も安い処理業者にお願いしておりますのでお気軽にお申し付け下さい。

 

 

 

うえくぼ不動産事務所

代表の上久保敦司です。

地域を絞った当事務所だから出来るサービスをモットーに、これからお会いさせて頂くお客様全ての方々の幸せと充実のために力の限りを尽くして取り組んでいきたいと思います。
殆どの方は不動産売買を一生であまり経験しないので色々な不安や悩みがあると思います。
どんな些細なことでも結構ですのでぜひ一度当事務所に相談してみてください。
ご連絡心よりお待ちしております

Access

メインとなる拠点を和歌山市に構えており地域に根差した細やかな対応を行っています

概要

商号 うえくぼ不動産事務所
和歌山県知事免許(1)第3947号
住所 和歌山県和歌山市楠右衛門小路11 谷口ビル2階
電話番号 073-499-5836
営業時間 8:30~18:30
最寄り JR和歌山駅より徒歩約9分

アクセス

拠点を構えている和歌山市エリアの不動産情報に精通しており、物件を売却したい方に有益な情報をご案内できるのが強みです。ご要望にマッチしたベストなご提案を行い、満足度の高いお取引を実現いたします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事