Blog&column
ブログ・コラム

query_builder 2021/08/26
コラム
7

売却したいけど何からしたらいいのか、分からないことだらけですよね。
でも売却する方は、「初めて売却する」という方がほとんどです。
そこで今回は、基本的な不動産売却の流れについて説明していきます。

▼基本的な売却の流れ
■手順
不動産査定を行う
媒介契約する(依頼する不動産会社と契約を結ぶ事)
仲介会社が販売活動を開始
購入者が見つかると、売買の契約をする
決済・引き渡し

一般的な流れはこのように行います。
不動産査定には方法がいくつかあります。
その中でも、代表的なものを紹介しますね。

■不動産査定の算出方法
不動産査定とは、「売却できそうな価格を不動産仲介会社等に割り出してもらうこと」です。
不動産価格は算出方法によっても異なるため、その方法を解説します。

【取引事例比較法】
過去の成約事例を加味して、査定する不動産との時期や立地条件の違い、個別性等を比較して査定する方法。
土地マンションの時によく使われます。

【原価法】
新たに建築した時の費用を予想して、築年に応じた分をマイナスして査定する方法。
一戸建てによく使われます。

収益還元法
賃貸用不動産等が将来どれくらい利益を生み出すか、期待される価格を割り出す方法。
投資物件に使われます。
このようにして自分の不動産の価格は決まります。
次に、手順?媒介契約には3つの種類があります。

媒介契約の種類
一般媒介契約
不動産会社へ重複して依頼でき、また自分で買主を見つける事もできる媒介契約です。
1社に限定することなく依頼できるので、買い手の幅が広がります。

専任媒介契約
1社のみとしか契約できない媒介契約です。
1社のみに任せるため広告費用をかけるなど積極的に販売を行ってもらえます。

専属専任媒介契約
売買契約はすべて媒介契約をした1社を通さなければならない契約です。
専任媒介契約よりも積極的に販売を行ってもらえますが、自分で買い手を見つけ契約する場合は違約金が発生します。

自分の売却の目的(早く売却したい、時間は費やしても高く売却したいなど)に合った媒介契約を選択しましょう。

▼まとめ
基本的な売却の流れを理解いただけたでしょうか?
売却を検討された方は、まず不動産査定を行いましょう。
不動産査定のポイントは、複数査定を行うことです。
また、どの媒介契約が自分に合っているのかを見極めて契約しましょう。

NEW

  • 寒さのピーク

    query_builder 2022/01/17
  • 新年あけましておめでとうございます

    query_builder 2022/01/06
  • 年末年始の休業のお知らせ

    query_builder 2021/12/27
  • 子どもが行きたがるところ?

    query_builder 2021/12/20
  • 息子とお出かけ

    query_builder 2021/12/13

CATEGORY

ARCHIVE