Blog&column
ブログ・コラム

query_builder 2021/08/23
コラム
6
「不動産買取は仲介手数料は不要と聞いたことはあるけど本当なの?」と思ったことはありませんか?
仲介手数料は不要ですが、手数料や税金はかかります。
今回は不動産買取にはどのような手数料が発生するのかを詳しく説明していきます。

▼手数料の種類
■必ず必要となる手数料
【印紙代】
不動産買取の時に必要な売買契約書に貼り付ける印紙代です。
印紙代は、売買契約書に記載されている金額で異なります。
また買主と売主、双方必要な場合はどちらにも必要となります。

■該当者のみ必要となる手数料
抵当権抹消登記の費用】
抵当権の抹消を行っていない場合に発生する費用です。

【ローン返済費】
住宅ローンが残っていれば完済しなけばなりません。
該当がなければ、印紙代のみが必要な手数料となります。
しかし、手数料以外に税金も発生します。

譲渡所得税
不動産を手放した時、利益が出た場合は所得となるため税金を納める必要があります。
この税金のことを「譲渡所得税」といいます。譲渡収入から譲渡資産の取得費用・譲渡費用を控除された金額となります。
譲渡所得=(売った金額+固定資産税)-(取得費+譲渡費)
譲渡所得税はマイホームかどうか、5年以上かで税額が大きく異なります。

・所有期間が5年以下の時は、所得税率30.63%
・所有期間が5年以上の時は、所得税率15.315%

不動産買取が成功して大きな金額になっても、譲渡所得税を差し引いた金額が手元に残るお金となります。
もし譲渡損が出た場合は、所得税の課税対象とはなりません。

▼まとめ
不動産買取時には仲介手数料は不要ですが、手数料や税金がかかります。
自分の不動産はどのくらい費用がかかるのか事前に確認しておくと良いでしょう。
物件を売却したい方に有益な情報をご案内できますので、気になる方は一度お問い合わせください。

NEW

  • 寒さのピーク

    query_builder 2022/01/17
  • 新年あけましておめでとうございます

    query_builder 2022/01/06
  • 年末年始の休業のお知らせ

    query_builder 2021/12/27
  • 子どもが行きたがるところ?

    query_builder 2021/12/20
  • 息子とお出かけ

    query_builder 2021/12/13

CATEGORY

ARCHIVE